YouTubeには、さまざまなジャンルの動画がアップされていて、ジャンルによって視聴回数が増えやすいものとそうでないものがあります。では、どういったジャンルが視聴回数を稼ぎやすいのでしょうか。

●日常動画
日常動画とは、普段食べているもの、旅行の様子、お出かけの様子など、日常のことをアップした動画のことです。日常のことをアップしている人たちのことをVlogger(ブイロガー)と呼びます。
ブログを使って日常のことを紹介することはできますが、文章からだけでは伝わりにくいことがあります。ブログに写真をアップできますが、アップできる写真が多いとページを開く速度が遅くなってしまい、なかなかページが開かないと訪問者がすぐにサイトから離れていってしまいます。
動画なら動きがあり最後まで楽しく見やすい特徴があります。そして、映像と音声を使って日常のことをブログよりもわかりやすく伝えることができます。

●商品レビュー
気になる商品があったとき、味はどうなのか、道具は使いやすいのかなど気になりませんか。買って失敗しないために、利用者の声を聞きたいと思いませんか。
そんな人に役立つジャンルが商品レビューです。コンビニの新作、話題のスイーツ、高価な電子機器など、さまざまな商品が対象となります。
商品を紹介する動画で視聴者を増やすためには、面白くわかりやすく音声で伝えることがポイントになります。自分の興味ある商品や分野なら詳しい知識があり、視聴者に喜ばれるような動画を作れることでしょう。

●ハウツー
ハウツー動画とは、何かのやり方を説明する動画のことです。頑固な汚れの落とし方、ピアノ演奏方法、ペットのしつけ方など、紹介できることは数多くあります。
インターネットでやり方を検索するといくつもの検索結果が表示されます。しかし、文字だけを読んでもやり方はわかりにくいです。たとえば料理の場合、「きつね色になるまで」といわれても、きつね色がどのような状態なのか人によってイメージするものは違います。こういったものは動画で実際に見た方がわかりやすいです。つまり、ハウツー動画はニーズがあるのです。

●ゲーム実況
どの年代にもニーズがあるのがゲーム実況です。攻略方法を知りたい人、ゲーム購入を検討している人などに特にニーズがあります。ゲームといってもジャンルはさまざまです。
著作権侵害にあたるため紹介できないゲームがあるので、著作権について確認をしておきましょう。